FC2ブログ

お知らせ

【重要】めじろ会ブログ移転のお知らせ

いつもめじろ会ブログをご愛読いただき、ありがとうございます。

2013年7月より、めじろ会ブログは、「うるしでつなぐ。めじろ会」
http://mejirokai.com/)としてサイトリニューアルいたしました。

これまでこのブログでご報告していた教室のようすは
「活動紹介」→「漆芸教室」→「全記事表示」
http://mejirokai.com/category/lesson/)からご覧いただけます。
お手数おかけし大変恐縮ですが、ブックマークの再登録等
ご対応いただけますよう、よろしくお願いいたします。

サイトリニューアルにともない、めじろ会はさらに活動の幅を広げ、
うるしの奥深い魅力を世の中に発信していく所存です。
まだまだ至らぬ点も多いかと存じますが、今後も引き続き
ご指導ご鞭撻いただけますよう、心よりお願い申し上げます。

2013年7月末日
めじろ会一同
スポンサーサイト

展覧会のお知らせ

春は展覧会の季節です!
今、巷ではよだれの滴る様な魅力的な展覧会が開催されています。
展覧会は一期一会。忙しい中でもちょっと足を伸ばして
是非見ていただきたい展覧会をご紹介致します。

--------------------------

まずは私の一押し、サントリー美術館の「もののあはれ」展です。

もののあはれ

目玉はなんといってもこの2点!

浮線綾
「国宝・浮線綾螺鈿蒔絵手箱」展示期間:
4/17(水)~4/30(火)・5/29(水)~6/16(日)

時雨蔵
「国宝・時雨螺鈿鞍」展示期間:4/17(水)~4/30(火)

今回は浮線綾の蓋裏に描かれた見事な蒔絵もお目にかかれます。
なにしろデザインセンスが抜群なんです。しかも技術も抜群。
鎌倉時代の日本にはこんなにレベルの高い技術が
既に完成していたのです。よだれだらだらです。
どちらも超一級品の国宝だからずっと出しておく訳にはいかないので、
狙いを定めて是非ご覧ください。

--------------------------

続きましては言わずと知れたトーハク(東京国立博物館)さんです。

大神社展
開催期間:2013年4月9日(火)~2013年6月2日(日)

この大神社展。1〜10までもちろんおすすめなのですが。
なんと「神像」が主役、というマニアックな展覧会なのです。
だからポスターもなんとなく、「おお、ん?」という
なんとも味わい深い仕上がりになっています。
しかし、マニアックと侮ってはいけません。

神様に捧げる為に作られた工芸品の数々はどれも、
当時の最高の力が注ぎ込まれた一級品です。
東洋館も新しくなったことですし、天気のよい休日には是非上野へ。

もうひとつ、漆の大事な展覧会が行われています。

--------------------------

漆の美
開催期間:平成25年4月13日(土)~5月26日(日)

徳川美術館の「漆の美」展です。
徳川美術館は私立美術館の中でも有数の彫漆のコレクションを持っています。
それが一堂に会するこの展覧会。これほどの作品が一度に見られる展覧会は
もうこの先数十年はお目にかかれないかもしれません。
漆好きには是非とも見ていただきたい展覧会です。螺鈿もすごい。
名古屋というハードルはありますが、みそ煮込みうどんと
ひつまぶしと一緒に小旅行はいかがでしょうか。

他にも今、魅力的な展覧会がたくさんありますので、
みなさんもおすすめの展覧会があったら是非お知らせください!


うるし・うつわ・おわん展

こんにちは。先生ご多忙につき、今回はSAからのお知らせです。

来週19日(水)から30日(日)、西武池袋本店6Fアート・ギャラリーにて
「作家によるうるし・うつわ・おわん展」が開催されます。
公式ページはこちら

urushi_flyer.jpg

われらがめじろ会の講師、室瀬先生も出品されるとのことなので、
皆さま、お誘い合わせのうえ、ぜひお立ち寄りくださいませ。

フライヤに載っている不思議なかたちの器も気になりますが、
もうひとつ、わたしが注目しているのは、花杯「さざんか」。

さざんか

こちらは去年の作品ですが、今年はさらに技を磨き工夫を凝らした、
すてきな新「さざんか」がお目見えだそうですよ!

また、先生以外にもたくさんの漆芸作家さんたちが一堂に会する
この展覧会、2012年の締めくくりに、ぜひ足をお運びください。
そして追い込み時期で息もたえだえの先生に、ぜひ励ましの声を!

展覧会のお知らせ

今日は漆の日!
ということで展覧会のお知らせです。

まずは大きめの展覧会から。
根津美術館「柴田是真展」
期間:11月1日〜12月16日

是真

江戸から明治に活躍した漆芸家、柴田是真の展覧会です。
日本で初めて自分でデザインから制作までを手がけた作家の走りとも言われ、
変り塗りを駆使しただまし絵のような作品など
ユーモアにあふれた数々の作品を残した巨匠です。
近年注目を集め、盛んに研究も行われている
注目度大の漆芸家の仕事を是非ご堪能ください。

そしてもう一つは個展の紹介。

日本橋三越本店「根本曠子 漆芸展」

明日14日(水曜日)より来週の20日(火曜日)まで、
日本橋三越にて根本曠子さんの個展が開かれます。
根本さんは作品の美しさもさることながら、そのお人柄もとても魅力的で
お時間のある方は是非ご覧いただきたい展覧会です。

ねもとさん

秋晴れが気持ちよいこの季節、忙しい合間を縫って
漆の作品で芸術の秋を堪能してみてはいかがでしょうか。
あ、書き終わったら漆の日が昨日になってしまいました。
漆の日は11月13日です。

11月の予定

11月の予定です。

午前の部
・11日10:00〜(通常通り)

午後の部
・11日14:00〜(通常通り)
・25日14:00〜(通常通り)

欠席の場合はコメントにてお知らせください。
よろしくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。