FC2ブログ

2013年02月

2月24日(日)教室

今日はとても寒かったですね。明け方には都心でも零下になるそうです。
そろそろ春が待ち遠しいですね。

寒さに負けず本日のめじろ会報告です。
今日は3Dプリンタで作成した器から。

130224_2.jpg

こちらの器は、以前田中先生が蠟色漆を塗ったものです。
これを炭研ぎしてみます。

130224_03.jpg
130224_09.jpg

わずかですが下の樹脂が覗いてきます。
これで樹脂の凹み部分に漆が埋まってつるっと平らになりました。

130224_06.jpg

研ぎ終わったら塗りです。奇麗な塗りには奇麗な漆が不可欠。
蠟色漆を濾して塗りの準備をします。

130224_07.jpg

漆を濾したらさっそく塗っていきます。
ねじれた形状のこの器はなかなか曲者です。
指がつりそうになりながらなんとか塗りあげます。

一見同じことの繰り返しのようですが、炭研ぎと塗りを繰り返すことで
徐々に奇麗な塗面に仕上がっていきます。完成をお楽しみに!


こちらのきのこのような物体は何でしょう。

130224_tsuku1.jpg

これは「ツク」と呼ばれる持ち手を付けた棗です。
コレをつけるととても持ちやすい。外側も難なく塗れてしまいます。

130224_tsuku4.jpg

ツクの正体はこんな感じ。

130224_tsuku2.jpg

木製の柄の先に特殊な樹脂がくっついているとても簡単な造り。
飾り気のない姿がなかなか良いです。

130224_tsuku3.jpg

使い方もシンプル。樹脂部分をライターで炙ったりして
樹脂が柔らかくなったところで、器に軽く押し付けます。
シンプルですが熱のかけ具合とか押し付ける力とか、
意外と加減が難しいです。

油断すると漆を塗ってる最中にポロッと落ちて
膝にべちゃ、なんてこともよくあります。

130224_tsuku5.jpg

ツクを付けた棗を丁寧に塗っていきます。
棗を塗っている姿、様になってます。

さて、今日のおやつは金沢銘菓「笹乃雪」。和歌山は駿河屋の
「夜の梅」もいただきましたが、例のごとく写真を撮り忘れてしまいました。
(上の写真の背景にうっすらと映っています)

130224_oyatsu.jpg

今日も美味しい、じゃなくて楽しい一日となりました。
塗りの繰り返しはなかなか根気がいりますが、
奇麗になる為には地道な積み重ねが大事。
ひと塗りひと塗り、皆さん着実に
上達しているのでこの調子でがんばりましょう!
スポンサーサイト

SAKE日和@SAKE HALL HIBIYA BAR

あおい有紀さんが主催される「第15回SAKE日和♪
URUSHI×SAKE〜日本のお酒とうるしのうつわ〜」というイベントで
日本酒と漆器の歴史についてお話させていただきました。

sakebiyori1.jpg

ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。
お蔭さまでとてもすばらしい会になりました。
日本酒と漆器はとても相性が良いです。
一度体験したらやめられない止まらない。お話させていただいたのは、
正倉院に保管される「漆胡瓶」から現代作家の作品まで。
うるしの酒器を知るともっとお酒も楽しくなります。

これからも漆もお酒も、楽しさを一人でも多くの方に
知っていただけるよう活動していきたいと思います。
会場もとてもよいところです。SAKE HALL HIBIYA BAR。
日本酒を使ったカクテルが美味しいので、
ご興味のある方は是非足を運んでみてください。

2月10日(日)教室③3Dプリンタ

めじろ会番外編。
本日からめじろ会にあらたな仲間が増えました。
3Dプリンタ「UP」さんです。

owan.jpg

FabLabの田中先生からお預かりした3Dプリンタ、四苦八苦の末
どうにかプリントできる様になったのでご報告いたします。
画面に映っているのは私のデザインした器の図面です。

print1.jpg

拡大するとこんな具合。

print2.jpg
(使用ソフト:illustrator CS6)

これをスキャナで読み込んでトレースをします。

print3.jpg
(使用ソフト:SketchUP)

二次元画像を回転体に加工します。

print4.jpg
(使用ソフト:UP)

印刷専用ソフトに取り込んだら、いよいよ印刷です。

raft.jpg

動いた!

raft2.jpg

まずは安定感を持たせる為の土台を印刷中。

owan3.jpg

UPは忙しそうにせっせと樹脂を積み上げていきます。

owan4.jpg
ちょっと不具合があって一時停止をしたところ。

owan5.jpg

トラブルも乗り越えなんとか印刷しきりました。
小さいですが立派なお椀が完成。今後3Dプリンタが
もたらすであろう革命になんとかしがみついた瞬間です!

test0.jpg
test3.jpg

年末に田中先生ご夫妻が漆を塗られたミニ大仏さん、
容れ物も、この3Dプリンタで印刷したもの。
漆を塗って、さらに魅力的に生まれ変わりました。

rego.jpg

こちらは漆を塗ったレゴ。
左上の黒いピースは、今日がんばって炭で研ぎました。
表面がまっすぐたいらになった漆は、見た目もきれいだし、
さわるとするするして気持ち良いのです。

3Dプリンタ。平面で考えたものが目の前で
立体に積み上がっていく様をみているとなんともわくわくします。

この新しい仲間が漆界に参加することでどんな未来が生まれるのでしょうか。
今後、「めじろ会プロジェクト」として考えていきたいと思います。

色々な課題も見えてきたので最後にまとめ。

【第1回めじろ会プロジェクトレポート】
・お椀は逆さまがいい、上向きだと倒れる
・支持体はなくてもいける
・実用には樹脂のコスト削減が課題
・形を見るのには良いが実物大はコスト大
・印刷台(?)に樹脂がうまく食いつかない
・最後に原因不明の暴走
・樹脂が時々絡んでしまうので目が離せない

2月10日(日)教室②拭き漆

FabLabからお預かりした「結の皿」の作業報告です。

pizza.jpg

今回行う作業は「拭き漆」。
拭き漆をご存知の方も一緒に工程のおさらいをしましょう。

fuki2.jpg

拭き漆に使うのは生漆です。
生漆は漆の木から掻き取ったままの加工していない漆液です。

fuki10.jpg

漆刷毛でお皿に生漆を塗込んでいきます。

fuki11_1.jpgfuki12.jpg

斑にならないように手早く薄く延ばしていくのがポイント。

fuki14.jpg

縁にも掠れの無いように塗っていきます。

fuki15.jpg

外側にもまんべんなくたっぷりと漆をしみ込ませたら

fuki16.jpg

手早く布で拭ききっていきます。

fuki17.jpg

漆を塗ってきれいに拭ききるから「拭き漆」。

pizza_after3.jpg

一度拭き漆をするだけですっかり漆器の顔になりました。

pizza_after2.jpg

目盛りや木目もこの通り。木の模様がよりくっきりと
奇麗に浮き上がるのが拭き漆の良いところです。
拭き漆はこれから何度か繰り返すことによって艶が増していきます。
どんな仕上がりになるか楽しみです。

2月10日(日)教室①繕い・乾漆

みなさまこんにちは。
寒い日が続きますね。風邪を引かないように用心用心。
さて今週のめじろ会報告です。

本日は完成した繕いの作品からご紹介です!

kansei1.jpg
kansei1_!.jpg

まずはこちら。トンボの絵が描かれた合子です。
こちらは金継ではなくあえて赤い色漆で繕いをしました。
ピンク色の器との相性が抜群です。このように器に合わせて
修復の仕上がりを工夫するのも楽しみのひとつですね。

kansei2.jpg

こちらも赤い漆で繕った作品です。漆継の部分が可愛らしい絵付けに
程よくアクセントとなっていてより器の魅力が増しました。
こういった例を見てみると現代の器には
かえって金以外の繕いが似合うものも多いかも、と思えてきます。

ryori.jpg

こちらは、お料理教室のひとこま。

kanshitsu1.jpg

…ではありません。今日からは新しく乾漆に挑戦です。
乾漆は麻布を素地にする漆芸技法のこと。
漆で麻布を型の上に貼り重ね、色々な形の器を作ることができます。
木でつくる器よりももっと自由でとても楽しいです。

今回型に選んだのはこのサラダ盛りつけスプーン。こういった
一見器に見えないものを使うと意外に魅力的な器ができたりします。

kanshitsu2.jpg

まずは離型剤として米糊を型に塗り付けます。

kanshitsu3.jpg

糊を乾かしている間に、
麻布に刻苧(麦漆に木粉を混ぜ込んだもの)を擦り付けていきます。

kanshitsu_12.jpg

これを4枚貼り重ねて…

kanshitsu7.jpg

スプーンにペタッ。

kanshitsu8.jpg

上から木粉をまぶしてぐりぐり押し付けます。

kanshitsu9.jpg

シュールな仕上がりになりました。

これが来週以降どんな進化を遂げるのか。乞うご期待です。

oyatsu.jpg

さて今日のおやつは、
グーテ・デ・ロワのホワイトチョコレートと、くるみのロッシュ。
くるみのロッシュがとてもおいしかったのですが、
写真を撮り忘れてしまうという大失態。
次回以降、美味しいものに出会った時は気をつけます。
今日も楽しい1日となりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。