FC2ブログ

2013年03月

3月24日(日)教室

桜満開です。
雨の予報もどこへやら。
時々日差しも覗きつつ今年度最後のめじろ会となりました。

思えば昨年四月に始まっためじろ会。第一回は桜満開の日でした。
この一年、みなさまの支えのお陰で楽しい教室が続けられました。
心より御礼申し上げます。

さて、そんな今日のめじろ会では、
ついにこちらのコップが粉蒔(ふんま)きです。

0324_cup2.jpg

この味わい深いコップに空いてしまった穴が
みるみる金で塞がれてゆきます。

0324_cup.jpg

中から見るとこんな感じです。

0324_soup.jpg

さらにもうひとつ、粉蒔きの工程に入る器を見ていきましょう。
金粉を蒔く前に漆を塗る工程を「地塗り」と言います。
地塗りに使うのは弁柄(べんがら)を混ぜた漆「絵漆(えうるし)」。
これを如何に薄く均一に塗ることができるかが勝負の分かれ目です。

0324_soup2.jpg

地塗りが奇麗にできたらそこに金粉を蒔いていきます。
今回使った金粉は焼丸の一号粉。金継には
消粉(けしふん)という金箔を粉にしたものが使われることもありますが、
一号粉は消粉に比べて粒が大きく摩耗しにくい。
実用に適した金粉と言えます。いよいよ教室に通う全員の
金継の完成が見えてきました。皆の作品が揃ったら…お楽しみです☆

さて、今日のおやつは。

0324_dango.jpg

桜満開と言えばみたらしですね。教室の前にも立派な桜があります。
今日はちょっと寒かったので、暖かい部屋で
お茶を淹れ、ぬくぬく花見だんごと相成りました。
一年間の思い出とともにあらたに始まる一年にわくわくどきどき。
新年度もめじろ会をどうぞよろしくお願い致します。

<おまけ>

つばき

ところでみなさん、今年は妙に
椿が目につく、なんて思ったことはありませんか?
今年は例年にも増して椿がうつくしいように思います。
写真は実家のヤブツバキですが光に透けるほど薄い花弁が見事です。

この椿、聞く所によると現代漆芸の祖といわれる
松田権六さんのお庭からいただいたものだとか。
椿は咲きかけのググッと膨らんだ姿が魅力です。
満開の桜に目がいきがちなこの季節ですが、
ぜひ明日は椿の花にも目を留めてみてください。
きっと心が華やかになりますよ。
スポンサーサイト

3月10日(日)教室

寒い冬も漸く終わり、暖かい日々がふえて参りました。
ちょっと油断すると夏日なんてことにもなったりして、
待った待った、と季節にブレーキをかけたい今日この頃です。

さて今日はどんな漆仕事になったでしょうか。早速見ていきます。
今日の主役は二つです。まずは先月麻布を張り込んだ乾漆のうつわから。

kanshitsu9.jpg

前回はここまで。これが…

0310kanshitsu_cut2.jpg

ご覧の通り、スプーンに張り込んだ漆たっぷりの麻布は
かちかちに固まって手で触れるようになります。
写真は型から外して周りの余分な布を切って形を整えているところです。
結構固いので金鋏とかで切ると良いです。

0310kanshitsu3.jpg

さらに細かい部分を切り出し刀などで微調整。

0310kanshitsu4.jpg

大体の輪郭ができたら鑢で縁をさらに整えていきます。
形はできるだけこの段階で整えておきましょう。

0310kanshitsu5.jpg

花片の様な素地が完成です。
端のひだひだを残しているのは今後の持ち手にする為。
早くも乾漆のうつわが見えてきました。次回は下地です。

もうひとつの主役はこちら。

0310kuro4.jpg

ベトナム産のうつわに金継が完成です!いい!すごくいいです。
まずは完成写真をお楽しみください。

0310kuro6.jpg
0310kuro.jpg
0310kuro3.jpg

素朴な土の質感に柔らかい金色がなんともバランスが良く、
博物館で『大名物』なんて書かれていたら納得してしまいそうです。
ベトナムの土と日本の蒔絵が生み出した傑作ですね。

さてこちらも進んでおります。3D printedうつわです。

03103d.jpg

着々と塗り重ね表面が奇麗に仕上がっていきます。
しかしこれは形が難しい。均等に塗るのも大変ですが研ぎはもっと大変。
奇麗に仕上げる為にはもう少し試行錯誤が必要なようです。

そして最後に特別ゲストのご紹介。

guest.jpg

この方は岩手で活躍する漆掻きの猪狩さん。
以前、めじろ会では特別授業をしていただき大好評でした。
この度はお仕事で東京にいらしたとのことで
めじろ会にもお立ち寄りくださいました。
漆掻きはこれからの漆の未来を左右する
我々の命綱とも言える大切なお仕事です。
猪狩さんは熱くて優しいとても魅力的な若手漆掻きさん。
同じくうるしマニアの私と漆談義になるともう止まりません
(まわりが引き気味になるのは言うまでもありません)。
今度またゆっくりお話させていただきたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。