FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月7日(日)教室②蒔絵

春の嵐も何のその。
めじろ会は今日も快晴です。
新年度で気持ちもあらたにうるしに勤しむこととしましょう。

まずはお猪口です。
このお猪口、本日ついに蒔絵(まきえ)を施します。
工程を順を追って見ていきましょう。

0407_togi.jpg

前回までに漆を3回塗り重ねた内側を、まずは炭で研いでいきます。
漆は耐水ペーパーなどでも研ぐことはできますが、
漆専用の研ぎ炭で研ぐことでより平らな面を作ることができます。
ちょっと難しいですが、内側の曲面に炭の形を
うまく調整しながら丁寧に研いでいきましょう。

0407_nakanuri5.jpg

研ぎ終わったら、次は「地塗り」の工程。
蒔絵筆を使って透漆をうすーく塗ります。

0407_nakanuri2.jpg

厚く塗りすぎてしまったら雁皮紙(がんぴし)などで
軽く押さえて、余分な漆を取って塗り厚を調節します。

0407_nakanuri7.jpg

地塗り完了。

0407_gold2.jpg

でました。粉筒(ふんづつ)です、金粉です。

0407_gold3.jpg

今回は純金平目粉の3号を使います。

粉筒の使い方講座。
こちらの道具、粉筒と言います。なんと鶴の羽でできています。
こういう道具も一つ一つ自分で作らなければいけないので
蒔絵師の道は険しいです。使い方は以下の通りです。

0407_makie1.jpg

人差し指と親指でしっかりと粉筒を固定します。
力みすぎてつぶさないよう、注意してください。

0407_makie2.jpg

粉筒の先端がぶれないように気をつけながら、薬指を使って
「カチ、カチ」とはじくように粉筒を振動させます。これが難しい。

0407_makie3.jpg

中指でもいいです。

ではやってみましょう。

0407_saki1.jpg

粉筒の後ろ側から金粉を入れて。

0407_saki2.jpg

余分な金粉は払い落としておきます。

0407_saki3.jpg

狙った場所に金粉が落とせるようになるまで練習です。

0407_saki5.jpg

ぱらぱら…。

0407_saki6.jpg

うん、いい感じ。

さあ本番です!

0407_honban6.jpg

うまく周囲が暈せるでしょうか…。

0407_honban11.jpg

うまい!

0407_kansei.jpg

完成です!

0407_kansei2.jpg

初めての蒔絵でここまでできるとは脱帽です。
これは将来が楽しみです。

さてお待たせ致しました。今日のおやつです。

0407_usagiya.jpg

今日のおやつは、うさぎやの「どらやき」。これはうまい!
しっとりとした生地とふわふわ小豆の粒あんがたまりません。
見た目の美しさも100点。ドラえもんと思わず握手したくなる様な、
感動的などら焼きとの出会いになりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。