FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エベレスト登頂(漆椀が)のご報告

三浦雄一郎さんのエベレスト登頂祝賀会に出席して参りましたのでご報告致します。

華やかな祝賀会場の一画に設置されたテントの中には、今回お供させていただいたうるし椀を展示していただきました。使用痕が勲章のように刻まれたうるし椀は、出発前よりもむしろ美しく、力強く見えました。

雄一郎さんや雄大さん&豪太さん兄弟ともお話しでき、うるし椀の活躍ぶりをたくさん教えていただきました。
「8500mの極限の世界でもうるし椀を使うと心に余裕が生まれる」とか、「シェルパが砂まじりの水でガシガシ洗ってもびくともしなかった」など、嬉しい話がたくさん聞けて、改めてエベレストに漆椀が一緒に登ったんだなあ、と感動に浸った次第です。
8500mを超えるエベレストでも、人の心と食卓を豊かにすることができたうるし椀。この経験を励みに、これからも漆の魅力を一人でも多くの方に伝えていきたいと思います。

そしてなによりも、無事に帰ってこられた三浦雄一郎さんをはじめエベレスト登山隊の皆様、ご帰還おめでとうございます!!
MIURA椀
会場に展示されたうるし椀です。
エベレストでテントの中で、実際にコレが使われたのです。

記念撮影
赤い服が三浦雄一郎さん、青い服が一緒に登頂した次男の豪太さん。

登山
これは会場にあった4Kテレビをデジカメで撮った写真。まるで自分で撮ったみたいに見えるのは4Kテレビの力。

お茶会
標高8500mで行われたお茶会の様子。豪太さんのblogより。
うるしのお椀で点てるお茶は大絶賛だったとのこと。他にも毎日3食うるし椀を使っていただけたようです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。